自己破産の概要について

自己破産の概要について

破産というと、非常にネガティブな印象を持たれる方、もう何もかも人生終わりなんじゃないかというふうに考えられる方がおられますけれども、それは私は間違っていると思います。

 

つまり、借りたものを返すということは、法律にも書いてあることですけれども、借りたものを返さなくてよいという破産という制度も、日本の法律にきちんと定められた制度です。じゃあなぜ、そのような制度が認められているのか。

 

それは、借金が大きくなりすぎて、毎月の返済がかさんでくると、人間、毎日、もうそのことしか考えられなくなる。次の返済どうしようか。どっかから借りてきて何とかせないかん、そういうことばかりで毎日追われてしまう。いわば借金の奴隷となってしまう、ということがあると思います。

 

実際問題として、負債が自分の返済能力を超えてしまうと、返済するためにはまたよそから借りてくるということしかないわけですから、そういった悪循環に陥ってしまう。 そんな状況をずっと続けさせるよりも、むしろ債権者にはいったん迷惑をかける、けれども、いったん借金は全部チャラにしてもらって、しかし、その代わり、明日から新規にやり直そう、希望を持って働いて、所得税払う、社会保険料払う、あるいは一生懸命子育てをしてもらって、立派な人材を世の中に送り出す、こうしてもらった方が日本国全体の見地から見るとよっぽどプラスだと、そういうことから、破産という制度が認められているんだというふうに考えられます。

 

ですので、もう負債でどうにもならないといったような場合には、破産という制度をお考えになるのもひとつ大事なことだというふうに思います。

 

自己破産のデメリットまとめ

 

自己破産制度について

自己破産という制度について簡単にご説明したいと思います。最近のご相談で、よく、私は消費者金融などから借り入れがかさんでしまって、どうしようもできなくなりました、と。で、自己破産というのを聞いたことがあるんだけれども、どんな制度なんだろうかと、こういったご相談を受けることがよくあります。

 

簡単に言うと自己破産とは、金融機関などからの借り手、借りた方ですね、債務者の申し立てによって開始される破産手続きを言います。

 

個人が申し立てる自己破産は、裁判所より破産決定及び免責決定を受けることで、自分の財産、この中には、一般的な生活を営むために必要なものは除かれますけれども、それ以外を失う代わりに、基本的に全ての債務、借金が免除されるという手続きです。

 

自己破産は借金で苦しんでいる人を救済し、早期に再び立ち直るチャンスを与えるための制度です。新しいスタートをするために、当事務所がお手伝いをしてまいりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

 

以下、自己破産についてご説明しますけれども、まず自己破産というのは、一般に破産とは、ご自身の収入や財産で債務を支払うことができなくなった場合に、ご自身の財産をお金に換えて、各債権者に、債権額に応じて分配し、清算する手続きをいいます。

 

自己破産とは、借り手の方、債務者の方からの申し立てによって開始される破産を言います。個人の破産では、清算して残った債務について法律上の支払い義務を免除する免責という制度があります。

 

個人の自己破産は、借金で苦しんでいる人を救済して、立ち直る機会を与えるための制度ということができます。次に破産決定と免責決定ということについてご説明をします。個人が破産を申し立てると、裁判官が債務者から話を聞く審尋という手続きが行われます。

 

これは、問題がなければ省略される場合もあります。この審尋の結果、裁判官が、債務者の有する財産だけでは債務を返すことができない状態にあるというふうに認めると、破産手続開始決定ということがなされます。債務者に財産が全くないような場合には、破産手続開始と同時に破産手続きを終了する同時廃止決定ということがなされます。

 

しかし、債務者に一定以上の財産がある場合、あるいは債務者が営業を行っていたような場合、商売を行っていたような場合、あるいは免責不許可事由、例えば賭博をしていたんじゃないか、そういうことが疑われるような場合には、破産開始決定に続いて、債務者の財産をお金に換えて、債権者全員に分配する手続きを行う、そういうことが始まります。個人の破産では、清算して残った債務について、法律上の支払い義務を免除する免責という制度が次に続きます。

 

多くの場合、破産手続開始決定、同時廃止決定の後、裁判所が債権者からの意見などを考慮して、免責の許可・不許可を決定します。自己破産のご相談は、これは借金で苦しんでいる人が立ち直るためのチャンスを与えるための制度です。

 

消費者金融や信販会社などから借り入れが増えてくると、個人の努力だけでは返済ができなくなってしまいます。こうした多重債務の状態から早期に立ち直ることが、ご自身だけではなく、社会のためになるというふうに考えられますので、毎月の支払いや生活の不安を失くして、新しいスタートを切るために、弁護士事務所に相談してみるとよいでしょう。