債務整理は専門家に相談する

債務整理は専門家に相談する

債務整理は弁護士に、といったお話をいたします。借金が増えてしまった、

 

債務整理をしないと借金を返していくことができない、そういったときに、いろんな方法で債務整理をすることがありえます。自分でサラ金会社と交渉するということもありえます。

 

裁判所の調停手続きをするといったこともあります。しかしながら、債務整理はやはり弁護士に依頼するというのが一番効果的です。 

 

弁護士に依頼しますと、翌日に、受任通知と言われている、「弁護士が債務整理を開始しますよ」といった通知を債権者に送りますと、債権者からの取り立てがぴたっと止まります。これは行政機関の指導によって、サラ金会社は本人に連絡をしてはいけないといったことになっているからです。

 

そのために、弁護士に依頼すれば、督促がやんで、生活が何よりも平穏になります。これは、弁護士に依頼した直後からこのような状態になります。自分で債務整理をしようと思っても、このように督促が激しければ、なかなか難しい面があります。

 

ですから、債務整理をしようといったときには、何をおいても弁護士に受任通知を出してもらうといったことが必要になります。 また、自分の借金の整理をするということになりますと、負い目がありますので、自分で交渉というのはなかなか難しい面があります。

 

そこで、弁護士に頼んで交渉、そして法的な自己破産、個人債務者再生手続きというのを淡々ととっていくといったことが必要となります。また、弁護士に依頼すると、例えば、自己破産の場合は、東京では、即日面接といいまして、スピーディーに即日の面接を実施して、自己破産決定をしていくといったことが可能になります。

 

また、そうでなくても、弁護士が代理人になっているということで、裁判所も安心してその債務者の状況についての報告書を読むことができます。そういった意味で、スムーズに自己破産手続きというのができるということになります。

 

また、個人債務者再生手続きの場合でも、例えば、相模原においては、弁護士が申し立てをした場合においては、いわゆる再生委員というのを選任しない扱いになっております。そのため、再生委員に支払うお金の積み立てというのが不要になって、経済的にもメリットがあります。

 

そして、弁護士は、司法書士さんと違いまして、140万以上の事件でも自分の権限でできることになっております。

 

ですから、過払い金が140万を超えているといったような場合、負債の額が何千万になっているといったような場合も含めて、全ての債務整理事案について対応できる、といった意味で、弁護士は、債務整理の分野においては、ある意味万能の仕事ができます。

 

こういった点からも、みなさんが債務整理をしようといった時には、ぜひ弁護士に委任するということをお勧めします。